English

TOM’Sが2021年シーズンのレース参戦体制を発表

21/03/04

株式会社トムス(代表取締役:谷本勲)は、2021年に参戦する3カテゴリー、4チームの体制及びカラーリングを発表しました。

【SUPER GT】
SUPER GT GT500クラスには、引き続き36号車「TGR TEAM au TOM’S」と37号車「TGR TEAM KeePer TOM’S」の2チーム体制で参戦。関口雄飛選手と坪井翔選手が36号車、平川亮選手とサッシャ・フェネストラズ選手が37号車をドライブし、どちらも新たなコンビで2021年シーズンに臨む。

【SUPER FORMULA】
興和株式会社に加え、新たに「Kuo Group」をスポンサーに迎え、2台体制で参戦する「Kuo VANTELIN TEAM TOM’S」 ドライバーにはベテラン中嶋一貴選手と、SUPER FORMULA LIGHTS の2020年初代チャンピオン、宮田莉朋選手を擁し、2021年シーズンに臨む。

【SUPER FORMULA LIGHTS】
昨年同様、「トヨタカローラ中京」と「Kuo Group」をメインスポンサーに迎えた2台に、さらにもう1台が加わり、3台体制へ。1号車には昨年初優勝を飾った小高一斗選手を、37号車にはFIA-F4チャンピオン、平良響選手を起用。また、36号車には元F1ドライバーのジャン・アレジ氏を父に持つジュリアーノ・アレジ選手を起用し、2021年シーズンに臨む。

SUPER GT GT500 CLASS
TGR TEAM au TOM’S

SUPER GT GT500 CLASS
TGR TEAM KeePer TOM’S

SUPER FORMULA LIGHTS
TEAM TOM’S