English

舘信秀、大岩湛矣、2人の創業者によるTOM’S設立から44年。
今、TOM’Sが目指すべきものは何なのか。新生TOM’Sを支えるキーマンに聞く。


トムスは1974年の設立以来、レースを通じてモータースポーツの発展とモータリゼーションの活性化を目標に活動して参りました。
設立から44年、今日においても複数のカテゴリでレースに参戦できることは、トヨタ自動車(株) 様を始め、
スポンサー各社様のご協力とご支援の賜物と深く感謝しております。

また、先般ご報告させて頂きましたとおり、トムスは経営体制を一新いたしました。
これにより、これまで培ってきたトムスの高いブランド力を今後も保持し続けると共に、
更にそのブランド力を輝かせることのできる新たな環境が整ったと確信しております。

トムスの自動車に対するその熱い想いが変わる事はありません。
クルマに「情熱」「感動」「ロマン」を!

今後もファンの皆様に感動をして頂ける様なレースと製品をお届けしたいと思っておりますので、益々の御声援をお願い申し上げます。

2018/04/02


トムスにはこれまで積み上げてきた伝統があります。競争が激化するモータースポーツの世界で、常にトップチームとして残してきた
数々の実績。そしてそのチームをドライバーとして、監督として牽引し続けてきた“舘 信秀”という唯一無二の存在。
これら全てがトムスの伝統であり、ブランド力であると考えます。

しかし、そのような高いブランド力があるにも関わらず、まだそれを十分に提供できていないとも感じております。
言い方を換えれば、まだまだ成長する可能性があるということです。
トムスが持つ高いブランド力と、モブキャストホールディングスが持つノウハウを掛け合わせることで、
新生トムスはモータースポーツ界に革新をもたらします。

「伝統」と「革新」
今まで積み上げてきたものを更に伸ばし、古い体質には新しい血を注ぎ込む。
更なるトムスの進化にご期待下さい。

2018/04/02