日本語 English

トムスデザインを支える3つのポイント

企画、設計、測定、試作から製作に至るまで、それぞれ独立した業務として成立することはもちろん、一連の流れにおいて発生する矛盾点や問題点を予測し、この最大公約数から、無理、無駄を極力排除して、デザイン性にも配慮した先にトムスデザインが完成します。
■ 企画・設計から製作までワンストップで実現可能
企画、設計から試作、製作まで、スチールやアルミニウムからカーボンに至るまで、1/1000秒を争うモータースポーツの世界で凌ぎを削り、成功を収めたノウハウを投入したご提案をワンストップでご提供できます。

■ コラボレーション/Wブランドによるブランドイメージ向上にも
モータースポーツフィールドには常に最先端の技術を求める技術力も然ることながら、洗練されたブランドイメージも備えています。トムスでは「本当のレーシングチーム」を備え、レーシングカーを創り出してきた「コンストラクター」としての実績があります。質実剛健なアイテムに技術的なアドバンテージを付与するだけではなく、「本物のモータースポーツ」のブランドイメージを備えることで、そのアイテムに今まで以上に付加価値と魅力を備えることも可能です。

1:設計・開発技術

モータースポーツ活動で培われた技術や感性を基に、機能・安全性、そして最新技術を反映させた新しいデザインと機能を提案します。カーボンファイバーだけではなく、適材適所な材料を用い、設計・試作・製造までご相談に応じます。

■ 試作・開発をバックアップ

高精度・高品質なアイテムの開発から製作はもちろん、将来の量産を見据えた設計・開発のアドバイスは最も得意としている分野であり、企業様を最大限バックアップ致します。


■ モータースポーツフィールド以外にも対応可能

設計図がない状態からでも、ご持参のイラストやイメージ図をもとに、丁寧にヒアリングを行い、図面化してショーモデルや試作パーツの設計・製作等、ご相談に応じます。

2:3次元測定技術

非接触式3次元測定機を使用して、例えば美術品のように設計図のないアイテムを測定し、データをコンピューターに取り込み、図面化することが可能です。応用として、図面化したデータを拡大/縮小することにより、例えばミニカーのようなスケールモデルに対応することも可能です

Before
After

3:カーボン加工技術

CFRP(炭素繊維強化プラスチック=カーボン)成型による製品の製作を行います。CFRPは強度と軽量化を両立させながら、細かい加工が可能であり、レーシングマシン・自動車・オートバイはもちろん、航空機用パーツ、新幹線用パーツ、自転車フレーム、競技用ホイールチェア、更には音響用品運搬用ケース、医療用品運搬用ケースなど、様々な用途に対応可能です。トムスの設計や3次元測定からのデザインデータはもちろん、設計図のお持ち込みでも対応可能です。

カーボンだけではない
カーボン素材の製品化・試作品製作のご検討はもちろん、プラスチック、スチールやアルミニウムなどの他素材に至るまで、カーボンが現在の様に一般的になる以前から様々な素材・材料を用いて設計・製作を繰り返してきたノウハウを最大限に生かし、企業様をご支援いたします。

カーボンファイバー成型用設備

マシンスペック オートクレーブ(画像左) オーブン(画像右)
有効サイズ Φ1500 x 3500L (㎜) W:3000 x D:2150 x H:2000(㎜)
温度 350℃ 温度範囲 (室温+20℃)~200℃   ※昇温時間は槽内無負荷時
昇温時間 室温⇒130℃ 25分
室温⇒200℃ 45分
圧力 1.0MPa
ページの終了