English

スーパーGT GT500クラス「au TOM’S」「KeePer TOM’S」のカラーリング及びレースクィーンを発表

20/03/06

スーパーGT GT500クラスに参戦する「au TOM’S」「KeePer TOM’S」のカラーリングを発表

スーパーGT GT500クラスに参戦する36号車「au TOM’S GR Supra」と37号車「KeePer TOM’S GR Supra」は3月6日にカラーリングを正式発表。15年ぶりにスーパーGTに復帰するGRスープラは、マシンもコンビも一新した体制で2020年シリーズに臨む関口雄飛&サッシャ・フェネストラズが36号車、結成4年目で相性抜群の平川亮&ニック・キャシディのコンビが37号車をドライビングする。

 

総監督 : 舘 信秀 / チーフエンジニア : 東條 力

TGR TEAM au TOM’S

今シーズンよりGRスープラに車両変更となる36号車に乗るのは、関口雄飛とGT500クラス初参戦となるサッシャ・フェネストラズの新コンビ。2019年は第3戦鈴鹿での優勝でTOM’S 1-2フィニッシュ達成する他、2度のポールポジションを獲得するなど活躍を見せてきた36号車だが、今季も新コンビと新マシンのシナジーでその勢いはさらに加速する。カラーリングにはauとKDDIのコーポレートカラーを採用。

#36 au TOM’S GR Supra
監督 : 伊藤 大輔 / レースエンジニア : 吉武 聡

ドライバー:関口 雄飛

コメント:
ここ数年、優勝をしてチャンピオン争いに絡めていますが最終的にチャンピオンを獲得できていないので、今年こそはチャンピオンを獲得したいです。何かを変えなくてはと思い、オフシーズンは伝説のムエタイ選手アタチャイ氏のジムで合宿をしてフィジカル面での向上は勿論、ハングリー精神も18歳の時と同じレベルまで取り戻してきました。新型スープラも新しいチームメイトも速いので今年のシーズンが楽しみだ。

ドライバー:サッシャ・フェネストラズ

コメント:
Gazoo Racingのチームのドライバーとして、初めてのシーズンを迎えられることをとても楽しみにしています。この機会を与えて下さったGazoo Racingの方々、僕の夢を叶えて頂き、ありがとうございます。そして強力なチームメイトの関口選手と共に名門トムスから、GT500クラスとして参戦する事は僕にとって大きなチャレンジとなりますが、今シーズンを楽しんで過ごせるように頑張ります!そしてもう一度、Gazoo Racingとトムスの皆さま、「ARIGATO」。

TGR TEAM KeePer TOM’S

2017年に最年少コンビでスーパーGT GT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得した以来、毎年最終戦までチャンピオン争いを繰り広げてきた平川亮&ニック・キャシディのコンビは今季にも継続。昨年と一昨年はシリーズチャンピオンの一歩前でとどまってしまったものの、2人の強さは誰もが認めざるを得ない。結成4年目となる相性抜群のコンビにGRスープラの新マシンが加わると、王座奪還の可能性もより高まる。カラーリングはKeePerの象徴であるブルーとイエローを採用。

#37 KeePer TOM’S GR Supra
監督 : 山田 淳 / レースエンジニア : ⼩枝 正樹

ドライバー:平川 亮

コメント:
今年もKeePer TOM’SにてGT500に参戦となりました。私自身は6年目で、相方も4年目のニックで継続です。去年、一昨年と惜しい所でチャンピオンを逃してしまっていますが、今年は三度目の正直で必ずチャンピオンを取りに行きます。今年も応援宜しくお願い致します。

ドライバー:ニック・キャシディ

コメント:
今シーズンもスーパーGTで再びKeePer号をトムスでドライブできる事になって本当に嬉しいです。亮とのコンビはとても良好で、特に過去2年の結果の後私たちは今まで以上にチャンピオンを取ることに対して執着しています。スープラでのチャレンジはエキサイティングな挑戦になりますが、他チームのレベルも間違いなく上がっているので簡単ではない戦いになると認識しています。

 

TOM’S、2020年シーズンのレースクイーン体制を発表

スーパーGT GT500クラスに参戦中のTOM’Sは、サーキットを華やかに彩り2020年のスーパーGTを一緒に盛り上げていく36号車と37号車のレースクイーン体制を発表。

 

詳細はこちら