English

Team チーム : SUPER FORMULA

No.36 VANTELIN TEAM TOM’S

ゼッケン
36
ドライバー
中嶋 一貴(なかじま かずき)
エントラント名
VANTELIN TEAM TOM’S
車両名称
VANTELIN KOWA TOM’S SF14
監督
舘 信秀
エンジニア
小枝 正樹

No.37 VANTELIN TEAM TOM’S

ゼッケン
37
ドライバー
James Rossiter(ジェームス・ロシター)
エントラント名
VANTELIN TEAM TOM’S
車両名称
VANTELIN KOWA TOM’S SF14
監督
舘 信秀
エンジニア
東條 力

Driver ドライバー

中嶋 一貴 なかじま かずき
スーパーフォーミュラ (No.36)

生年月日 : 1985年1月11日
出身地 : 愛知県岡崎市
血液型 : RH+ A
身長 / 体重 : 175 cm / 64 kg

Web Site :
Kazuki Nakajima Official Website

                      

詳しく見る

1996年 11歳でレーシングカートを始める。
1999年 カートレースに参戦。その年のカート鈴鹿選手権ICAクラスでチャンピオンとなる。
2001年 全日本カート選手権FAクラス参戦。シリーズ7位。
2002年 全日本カート選手権FAクラス参戦。シリーズ3位。トヨタ自動車の若手育成プロジェクト「フォーミュラ・トヨタ レーシングスクール(FTRS)」を受講し、見事スカラシップを獲得。
2003年 フォーミュラ・トヨタシリーズに参戦し、チャンピオンとなる。
2004年 TOM’Sより全日本F3選手権シリーズの参戦。開幕戦の鈴鹿サーキットでいきなりの優勝を飾る。2005年までTOM’Sに在籍。
2006年 トヨタ自動車のスカラシップを受けてヨーロッパに渉り、F3ユーロシリーズに参戦。1勝してシリーズ7位となる。
2007年 ウィリアムズF1チームのリザーブドライバーとなり、GP2シリーズにも参戦。この年のF1第17戦ブラジルGPにてF1デビュー。2009年まで在籍。
2011年 TOM’Sに移籍。スーパーGTシリーズ、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦。フォーミュラ・ニッポンではシリーズ2位、表彰台率100%を達成。
2012年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポンシリーズでドライバーチャンピオンを獲得。
2014年 全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズでドライバーチャンピオンを獲得。
ルマン24時間レースで、日本人初のポール・ポジションを獲得。
2015年〜
2016年
スーパーフォーミュラ参戦
2017年 スーパーGTに復帰。スーパーフォーミュラとW参戦。

閉じる

James Rossiter ジェームス・ロシター
スーパーフォーミュラ (No.37)

生年月日 : 1983年8月25日
出身地 : イギリス
血液型 : RH- B
身長 / 体重 : 183 cm / 72 kg

Web Site :
James Rossiter – Racing Driver

                       

詳しく見る

1998年 国際レーシングカートに参戦し、好成績を収める。
2002年~
2003年
英国フォーミュラ・ルノー選手権に参戦。
2003年、同シリーズ3位となる。
2004年~
2005年
BARホンダF1育成ドライバーとして英国F3選手権シリーズに参戦。
2005年度は欧州F3選手権に参戦。
2006年 ホンダレーシングF1チーム開発&テストドライバーとなる。
2008年 ホンダレーシングF1チーム開発&テストドライバーの傍ら、アメリカ ル・マンシリーズに3戦出場し、P.P.1回と1勝を上げる。
2010年~
2011年
ロータス開発&テストワークスドライバーとなり、2011年まで在籍。
2012年 フォース・インディアF1チーム開発&テストドライバーとなり、F1の世界を踏襲してくる。
2014年 2013年に続き、TOM’Sより、スーパーGTシリーズに参戦。
2015年〜
2017年
スーパーGT参戦

閉じる

Date / Reports 日程

DATE CIRCUIT REPORT
4/21-22 岡山国際サーキット REPORT第1戦
5/12-13 オートポリス REPORT第2戦
5/26-27 スポーツランドSUGO REPORT第3戦
7/7-8 富士スピードウェイ REPORT第4戦
8/18-19 ツインリンクもてぎ REPORT第5戦
9/8-9 岡山国際サーキット REPORT第6戦
10/27-28 鈴鹿サーキット REPORT第7戦
(第1レース、第2レース)