English

デロイト トーマツ 、トムスとモビリティサービス領域における包括的な協業に関する契約を締結

21/03/30

新しいモビリティ社会の実現を目指し、業界変革に向けた取り組みを順次開始

株式会社トムス(代表取締役社長 谷本 勲、以下 TOM’S)と、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 福島 和宏、以下DTFA)は、モビリティ領域における包括的な協業に関する契約を締結します。

価値観が多様化し、あらゆる分野・領域でパラダイムシフトが進むなか、モビリティ領域においても、日本企業は脱炭素社会を実践する取り組みやデジタルトランスフォームの一層の加速、加えてインフラ機能としての社会的責務を全うする必要があります。このため、新たな産業モデルへの転換をいかに進めるかが問われており、率先して独自の価値創造とESG経営を含む新たな持続的成長を志向する経営を行っていくことが求められています。このような課題認識の下で、DTFAとTOM’Sは双方の強みを融合し、新しいモビリティ社会ひいては新しい日本社会の実現に向けたさまざまな業界変革を構想し、その実現に向けた取り組みやサービスを順次開始していきます。

第一弾として、2021年よりスーパーフォーミュラ・ライツに参戦する、ジュリアーノ・アレジ選手へのレース・スポンサーシップを通じた、モビリティ領域におけるグローバル人材の育成ならびにレースデータ分析に関する協業を、本年4月より開始します。TOM’Sは国内外の自動車レースに古くから参戦しており、レースデータ、マシンデータ、天候データなどと、ドライバーなどに係る各種データを統合的に分析することで、レース人材の育成、マシンセッティング、次期のマシン開発などに活用しています。こうしたデータ分析をさらに高度化・深化することを目指して、DTFAが属するデロイト トーマツ グループのアナリティクスチームが支援を提供する予定です。

今後、両社は、DTFAが有する専門スキルやその提供能力と、TOM’Sのモビリティ業界での知見やネットワークを活用し、互いに連携することで、前述の第一弾の取り組みを含め、以下の7つの分野においてモビリティ領域における機動的な事業構築および関連サービスを強化していきます。


【モビリティサービス領域における
事業構築および関連サービス】

1.グローバル人材の育成
2.レースデータ分析(アナリティクス)
3.オートパーツメーカーへの事業承継支援戦略
4.EV技術等の開発、EVレース場の運営
5.E-Sportsの展開とDigital Twinsの実現
6.スーパーシティ・スマートシティとの連携
7.オートメーカー全般を含むESG戦略の策定

[デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー
合同会社概要]

会社名:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
所在地:〒100-8363 東京都千代田区丸の内3丁目2−3 丸の内二重橋ビルディング
代表執行役社長:福島 和宏
設  立:2001年6月1日
主な業務内容:M&Aアドバイザリー、企業再生、不正対応、係争サポート、知的財産アドバイザリー、公共向けサービス、スポーツビジネス他
Webサイト:https://www.deloitte.com/jp/dtfa

国内最大級のビジネスプロフェッショナルグループであるデロイト トーマツ グループにおいて、ファイナンシャルアドバイザリーサービスを担い、「M&A」、「クライシスマネジメント」の2分野を主要な事業領域としている。「M&A」サービスは、事業承継関連サービスを包含しており、日本全国に約30ヵ所あるデロイト トーマツ グループの事務所と連携して、各地に寄り添った形で、より効果ある地方創生・事業承継の支援を目指している。「クライシスマネジメント」サービスは、再生・再編サービスを包含しており、特に自動車業界の持続的な発展に貢献する最適な形としての事業再編/事業再編の支援等様々なサービスを展開している。 また、デロイト トーマツ グループは、政府、自治体、自動車業界の民間企業に対して、様々な経営/脱炭素政策に関連するアドバイザリーサービスを数多く提供しており、近年では、グループの多様なプロフェッショナルが連携してカーボンニュートラルやESG投資に対して積極的な支援を実施している。

▮お問い合わせ

本件に関するお問い合わせ
株式会社トムス マーケティング戦略室 TEL:03-3704-8564 (平日10:00~17:30)