English

〜河森正治xTOM’Sドリームプロジェクト始動〜 「マクロス」シリーズの監督、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」のメカデザイナー 河森正治とTOM’Sがタッグ!

19/06/17

株式会社トムス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:谷本 勲、以下当社)と河森正治氏(株式会社サテライト 本社:東京都杉並区 専務取締役)は「河森正治EXPO」の会場にて、河森正治氏本人が発表を行った、「クルマの未来を描くプロジェクト」として「河森正治xTOM’Sドリームプロジェクト」を開始。

今後、オリジナルカラーリングや、パーツデザイン、更には河森正治氏が思い描く未来のスーパーカー企画など長期的に様々なプロジェクトが動き出します。



<河森正治EXPO会場で展示される、河森正治氏のアイディアラフスケッチ>

プロデビュー40周年を迎え、更なる活躍が期待されるメカデザイナーの巨匠、河森正治の洗練されたメカデザインと、今年で創業45年を迎えたTOM’Sの持つモータースポーツやカスタマイズパーツの豊富な知識や経験を掛け合わせた、プロジェクトの今後にご期待ください。

河森正治氏のコメント

子供の頃から車、飛行機、ロケットなど 乗り物が大好きでした。
クルマ好きの父の影響で、カーデザインに興味を持ち、中学生の頃の夢はカーデザイナーになる事。
そんな僕が、トムスさんと実際の車のプロジェクトに携わる事ができて大変嬉しく、光栄に思っています。
今後は僕の頭の中にあるイメージを、このプロジェクトで少しずつ皆様にお見せしていく予定です。
いつかはトムスさんと、今までにないスーパーカーを作ってみたいですね。

河森正治とは

アニメーション監督、企画、原作、脚本、映像・舞台演出、メカデザイン等を手がけるビジョンクリエーター。
慶応義塾大学工学部在学中に原作者の一人としてTVアニメーション『超時空要塞マクロス』に参加。
世界各地でテレビ放映され日本発のクールなアニメーションとして絶大なるインパクトを与えた。
原作・監督作品に、『アクエリオン』シリーズ、『マクロス』シリーズなどがある。
現在、総監督・ストーリー構成を務める最新作『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』が6月14日より全国で公開中。



「河森正治EXPO」概要

原作、監督、脚本、絵コンテ、メカデザインまでこなす“奇才”河森正治。
プロデビュー40周年を記念して、これまで携わった作品のデザイン画、絵コンテ、アイデアノートなどが大集結、河森ならではの独創的な新作映像などを展示します。「河森正治EXPO」は、6月23日まで開催。

公式サイト:https://kawamoriexpo.jp
公式ツイッター:@kawamoriexpo
公式PV:https://youtu.be/1AxqUSl_6oo